(続)最愛の人と死に別れたその先は

先の日記の続きを少し。。

彼女は、
今迄沢山の大きな仕事を成功させ、
いつも全力で頑張って来た素晴らしい人。
でも、
今迄のどんな頑張った時より、
今が一番頑張ってる。
本当に、本当に頑張ってるんだよ。

あなたの周りにも、
同じ境遇の人がいるかもしれない。
何でも出来る人だとしても、
頑張っているんだよ。
どんなに元気そうにしていたとしても。


「一年過ぎたから、、、」
「二年経ったから、、、」
そんな世間的な物差しじゃなく、心で感じて。
感じる人が沢山いたら、
きっと温かい。

たとえ想像でしかなくたって、
どんな場面でも想像力を持ち、
いつも温かい気持ちで見守りたい。



私にとって、
こんな身近な出来事は初めてだし、
当事者になった事もないけれど、
今の私が知る限りの「事」と「心」。

今の世の中全体から思う事は、
想像力と思いやりと愛が、、、ちょっと薄い。
もちろん自分自身を含めた反省と戒めとして。


愛する友と、
同じ思いの人と、
まだ想像でしかない私達自身の為に、
感じた事を書きました。

未熟な私の未熟な見解ではあるけれど、
人ごとでは決してなく、
全ての人が必ず関わる「生と死」に対して、
それぞれの立場での思いと出来る事、
少しだけでも考えるきっかけに、もしなれたら嬉しい。

まだまだ私も考えます。

b0029024_2223352.jpg

[PR]
by hinageshi-hiiro | 2011-01-12 22:34 | その他